電機工事 LAN工事 太陽光発電 オール電化工事 雷対策 協永電機株式会社[兵庫県加古川市]

〒675-0062 兵庫県加古川市美乃利472番地-TEL079-424-4394 FAX079-425-1217

2019 年 1 月 のアーカイブ

七釜温泉

2019 年 1 月 6 日 日曜日

2018年青春18きっぷ冬の旅の第2弾は七釜温泉、20数年前に七釜温泉には仕事でよく宿泊した。七釜温泉の最寄り駅は山陰本線浜坂駅、浜坂駅に行くには大きく分けて3つのルートがある。姫路駅から播但線で和田山駅経由で山陰本線で行くルート、姫路駅から山陽本線で上郡駅経由で智頭急行に乗車し、鳥取まで行くルート、そして姫路駅から姫新線で佐用駅経由で智頭急行に乗車し、鳥取まで行くルートである。残念ながら智頭急行は、青春18きっぷが使えないため別料金になってしまう。しかし、今回は敢えて山陽本線上郡駅経由で智頭急行に乗車し、浜坂駅に行くことにした。今回目指す駅は浜坂駅、姫路駅7時31分発の新見行き普通電車に乗車、いざ浜坂駅に向かって出発進行!!

4Y5A9425

4Y5A9432

4Y5A9434

姫路駅から7つ目の駅であるJR上郡駅で下車、ここから智頭急行に乗り換え、智頭急行上郡駅8時50分発の鳥取行き普通電車に乗車する。智頭急行の区間は本来上郡駅から智頭駅までの区間、智頭駅から先はJR西日本の因美線になる。上郡駅からJR線に乗り入れ鳥取駅まで行く列車は、下りは1日に1本しかなく、8時50分発が唯一の鳥取行き直通列車である。智頭急行上郡駅で「普通列車ペアきっぷ」を2000円で購入し鳥取駅を目指す。この2000円というペアきっぷは、2人が同一行動をすれば、2日間智頭急行の普通電車のみ乗り放題になるきっぷである。仮に智頭急行上郡駅から智頭駅まで、通常のきっぷを買うと片道1300円(往復2600円)で2人で5200円の運賃が掛かる。このペアきっぷ、かなりお得なのかもしれない。

4Y5A9435

4Y5A9448

4Y5A9451

4Y5A9455

智頭急行上郡駅から乗車すること2時間と5分、鳥取駅には10時55分に到着、ここから山陰本線で11時09分発の普通電車浜坂行きに乗車し、最終目的地の山陰本線浜坂駅を目指す。

4Y5A9475

4Y5A9479

4Y5A9482

浜坂駅には11時52分に到着、何十年振りだろうか久しぶりに浜坂駅に降り立った。昔と全く変わっていないホームと駅舎、昔の面影がそのまま残っている。やはりローカル線を乗り継いで来たので、姫路駅を出て既に4時間21分が経過している。まずは七釜温泉に行く前にランチタイム、浜坂駅から歩いて15分のところにあるマル海渡辺水産に行くことにした。

4Y5A9486

4Y5A9489

4Y5A9491

4Y5A9494

浜坂駅から歩いて約15分でマル海渡辺水産に到着、店内に入り味波季で海鮮定食(妻は海の色彩)を注文した。かなりのボリュームがあり、お腹一杯になってしまい急に睡魔が襲ってきた。このまま寝てしまいたいと思いながら、再び歩いて浜坂駅へと向かう。

4Y5A9507

4Y5A9502

4Y5A9501

4Y5A9500

再び浜坂駅に戻り、浜坂駅前から湯村温泉行きのバスに乗車し、七釜温泉に向かう。バスに乗ること約15分、七釜温泉のバス停で下車、ここから歩いて数分のところに、今回の目的地である七釜温泉「ゆーらく館」がある。

4Y5A9519

4Y5A9526

4Y5A9538

釜温泉は、浜坂温泉郷と呼ばれる温泉の1つである。七釜温泉・浜坂温泉・二日市温泉の3つで浜坂温泉郷と呼ばれている。七釜温泉の泉質は硫酸塩高温泉で、源泉温度は50℃である。七釜温泉から南に少し行ったところにある、日本一の源泉温度を誇る湯村温泉(98℃)の半分である。仕事で七釜温泉に宿泊していた頃は、外湯と言えば「七釜温泉公衆浴場」だった。この七釜温泉「ゆーらく館」は「七釜温泉公衆浴場」に変わる外湯として、2005年にオープンしたみたいだ。

4Y5A9530

4Y5A9534

七釜温泉「ゆーらく館」では、源泉掛け流し100%の屋内風呂と屋外釜風呂がセットになった多目的風呂に入浴、45分で2100円、他の温泉施設に比べると安いかもしれない。七釜の地名の由来ともなった大釜の露天風呂は、さすがに気持ちが良かった。この七釜温泉は、「こたついらずの温泉」とも言われている。

4Y5A9532

七釜温泉「ゆーらく館」を後にし、バスで浜坂駅まで戻ろうとしたが、あいにく帰りのバスの時間が合わず、仕方なくタクシーで浜坂駅へと向かった。今度はいつ浜坂駅に降り立つのだろうと思いながら、浜坂駅を後にし、一路姫路駅へと向かった。

4Y5A9549

4Y5A9545

 浜坂駅から16時03分発の普通電車鳥取行きに乗車し、鳥取駅には16時47分に到着、鳥取駅から16時58分発の普通電車智頭行きに乗車、智頭駅には17時48分に到着、ここから智頭急行に乗車し、17時54分発の普通電車上郡行きに乗車し、上郡駅には19時09分に到着、上郡駅を19時20分発の普通電車姫路行きに乗車し、姫路駅には19時52分に到着した。

4Y5A9547

4Y5A9563

4Y5A9562

冬の青春18きっぷの旅が終わった。本来この冬に3回の旅に出る予定だったが、行く暇がなく2回で終わってしまった。でも今年の旅は始まったばかり、今年も色々な電車の旅に出掛けたい。 

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


2019年の始まり

2019 年 1 月 1 日 火曜日

新年あけましておめでとうございます。2019年の新しい年がスタートしました。今年も当然のことながら仕事も遊びも全力でがんばります。本年が、皆さまにとって良い年になりますよう心からお祈り申し上げます。

さて、我が家の元旦と言えば青春18きっぷの旅、いえいえ我が家の元旦は、毎年播磨国総社へ初詣に行き、その後姫路城へ登閣することが恒例の行事です。今年も相変わらず播磨国総社は、参拝者の長蛇の列、今年も拝殿までたどり着くのに1時間コース、今年のおみくじは「吉」でした。

IMG_5474

IMG_5479

IMG_5481 IMG_5483

IMG_5485

姫路城には、毎年元旦に訪れる。毎年元旦の1月1日は、365日のうち唯一入城料が無料になる日である。元旦にも関わらず大勢の観光客で、登閣するのに30分待ちの状況だった。元旦恒例の高さ約5mのジャンボ門松が姫路城入場口に設置されていた。今年で姫路城も世界遺産登録25周年を迎えた。1993年12月に法隆寺地域の仏教建造物とともに、日本で初めて登録された姫路城、全国のお城に行っているが、やはり現存天守12の城の一つでもあり、日本三大名城であり、国宝でもあり、世界遺産でもある姫路城、やはり全国のお城と比べると比べものにならない貫禄がある。その貫禄にはいつ見ても圧倒される。

IMG_5487

IMG_5493

IMG_5496

IMG_5501

IMG_5504

IMG_5499

IMG_5503

本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


最新トピックス

カテゴリー

バックナンバー

協永電機株式会社
〒675-0062
兵庫県加古川市加古川町美乃利472番地
TEL.079-424-4394
FAX.079-425-1217

Copyright(C)2008-2019 Kyoeidenki Co.ltd. All Rights Reserved.