電機工事 LAN工事 太陽光発電 オール電化工事 雷対策 協永電機株式会社[兵庫県加古川市]

〒675-0062 兵庫県加古川市美乃利472番地-TEL079-424-4394 FAX079-425-1217

投稿者のアーカイブ

次のページ>>

網干総合車両所ふれあいフェア2018

2018 年 11 月 3 日 土曜日

今年も網干総合車両所のふれあいフェアに行ってきた。毎年11月3日に開催されている。今年のテーマも「安全で環境にやさしい鉄道」、毎年色々な車両が展示されているが、今年は、トワイライトエクスプレス瑞風が展示されるということもあり、沢山の人で溢れかえっていた。今回目指す駅は、姫路駅から西へ3つ目の駅である網干駅、姫路駅9時40分発の播州赤穂行き普通電車に乗車、いざ網干駅に向かって出発進行!!

4Y5A8517

4Y5A8519

 姫路駅から10分で網干駅に到着、電車に乗っている時間が物足りないと思いながら、いつもの無料シャトルバスが出ている網干駅北側(旧ジャスコ太子店跡)まで徒歩で向かう。

4Y5A8520

4Y5A8573

 網干駅から歩くこと10分、無料シャトルバス乗り場に到着、かなりの人がバスを待っていた。ここからバスに乗り網干総合車両所へ向かう。がバスがなかなか来ない。30分も待たされてようやくバスに乗車。

4Y5A8572

 バスに乗車してから約15分で網干総合車両所に到着、すでにすごい人で溢れかえっていた。まずは、トワイライトエクスプレス瑞風が展示してあるブースへと向かう。

4Y5A8571

 毎年のことながら、今年も車両のメンテナンス作業や車両洗浄の車内からの見学、大型天井クレーンによる車体の吊上げ実演などのほか、毎年、何種類かの車両が展示されるが、今年はなんとTWILIGHT EXPRESS瑞風が展示された。瑞風の他に、先代のトワイライトエクスプレスを牽引したEF65機関車や213系直流電車(旧マリンライナー)などが展示されていた。

4Y5A8569

 4Y5A8530

4Y5A8559

トワイライトエクスプレス瑞風と並ぶEF65 1000番台の124号機、トワイライトエクスプレスが引退し、その後1年余り特別なトワイライトエクスプレスとして走行していた時に牽引していた電気機関車、久しぶりのご対面となった。

 4Y5A8534

トワイライトエクスプレス瑞風、今年一番の目玉車両、トワイライトエクスプレス瑞風の周りには、沢山の人がカメラを向け、撮影に夢中になっていた。

by:トワイライトエクスプレス 

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


2018年徳永英明コンサートツアー(岡山公演)

2018 年 10 月 28 日 日曜日

先週の大阪2DAYS(オリックス劇場)公演の余韻が残っているなか、今日は岡山(岡山市民会館)公演、一昨年までは毎年倉敷市民会館で公演を行ってきたが、昨年から岡山市民会館に公演会場が変わった。今回目指す駅は新幹線岡山駅、姫路駅12時03分発の博多行きハローキティ新幹線(こだま741号)に乗車、いざ新幹線岡山駅に向かって出発進行!!

IMG_5186

IMG_5200

新幹線姫路駅12番線に、ハローキティ号が滑り込んで来た。今日は2号車の自由席に乗車、初めて乗車するハローキティ新幹線だが、もとをただせばJR西日本が保有する500系新幹線を改良した車両、現在500系は、東海道新幹線ではお荷物とされ運行されていない。500系の活躍の場もだんだんと少なくなってきたが、まだまだ現役で走り続けてほしいと思う。

IMG_5202

 IMG_5203

IMG_5204

2号車に乗車したがすぐさま1号車へ移動、1号車は展示スペースとなっていて、2号車はKAWAII ROOMとフォトスポットになっている。約30分の乗車だったので座席に座ること無く1号車と2号車に居座る。しかし2号車は何もかもがハローキティ、ハローキティ好きには本当にたまらない新幹線だと思う。

IMG_5236

IMG_5227

IMG_5245 

IMG_5249

 IMG_5250

新幹線岡山駅に到着、会場に向かう前にまずはランチタイム、昨年と同様「岡山一番街」へと向かう。

IMG_5258

IMG_5303

IMG_5302

ランチタイムも終わり、ここから岡山電気軌道いわゆる路面電車に乗車する。岡山電気軌道岡山駅前駅から東山線に乗車し、3つ先の城下駅へ向かう。運賃は100円、乗車時間はたったの4分だったが、広電以来の路面電車、もう少し乗りたい気分だった。

IMG_5304

IMG_5305

IMG_5309 

城下駅を下車、ここから地下道を通って岡山市民会館へ、岡山市民会館へは徒歩で約10分ほどで行ける。近くには岡山城や後楽園などの観光地があるが、何度も訪れた場所なので、そのまま岡山市民会館へと向かう。

IMG_5313

 IMG_5314

 今回で2度目となる岡山市民会館、本当に古びた会館だ。1964年に建造されたのですでに築54年になる。会場の大ホールも狭く、収容人数1718人と今までの中で、2年前に訪れた鳴門市文化会館に次ぐ少ない収容人数の会場だ。

IMG_5319

 IMG_5324

IMG_5326

17時開演という今までに無い遅い開演時間だったので、終了したのが19時過ぎ、やはり地方の公演は、関西公演に比べて盛り上がりに欠ける。岡山駅19時49分発こだま752号に乗車するため、急いで岡山駅へと向かう。

IMG_5340

 次回は名古屋(日本特殊陶業市民会館フォレストホール)公演、9月に予定されていた神戸2DAYS(神戸国際会館こくさいホール)公演の延期日程が年末になったため、仕方なくキャンセル(払い戻し)したため、今年最後のコンサートになる。

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


2018年徳永英明コンサートツアー大阪公演その2

2018 年 10 月 21 日 日曜日

先日のグランキューブ大阪(2DAYS)公演の余韻が残っているなか、またもや大阪公演、場所は変わってオリックス劇場(2DAYS)公演、3年振りにオリックス劇場に、今回目指す駅は新大阪駅、前回と同じ姫路駅10時42分発の野洲行きの新快速に乗車、いざJR新大阪駅に向かって出発進行!!

IMG_5139

 新大阪駅に11時49分に到着、本来は大阪駅で下車し、大阪メトロ四つ橋線の西梅田駅から本町駅に行くのだが、新大阪駅でちょっとした野暮用があったため新大阪駅で下車、野暮用も終わり大阪メトロ御堂筋線の新大阪駅に向かう。

IMG_5149

大阪メトロ御堂筋線の新大阪駅、ここから5つ先の本町駅を目指す。

 IMG_5164

 御堂筋線の新大阪駅から11分で本町駅に到着、ここから徒歩20分ほどで着くのだが、お腹が空いたのでまずは腹ごしらえ、3年前と同じ店でランチタイム!!

IMG_5166

 IMG_5167

 IMG_5168

年振りにオリックス劇場の正面玄関に立った。開場が14時15分なのに、既に沢山のファンがオリックス劇場を囲んでいる。しかしいつ見ても50代から60代の中高年層の女性が多い。男性の姿はちらほらと見かけるだけ、特に若い人たちは全くと言っていいほど姿が見えない。

IMG_5169

 IMG_5174

IMG_5176

15時の開演から約2時間10分、17時過ぎにコンサートが終わった。やはり関西公演が一番盛り上がる。コンサートの余韻を残しながら急いで御堂筋線の本町駅へ向かい帰路へ、来週は岡山公演、姫路駅12時03分発のハローキティ新幹線で岡山駅へ向かう。 

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


2018年徳永英明コンサートツアー大阪公演その1

2018 年 10 月 8 日 月曜日

 徳永英明2018年コンサートツアー『永遠の果てに』の初日を迎えた。とは言っても、このツアーは既に8月18日(土)の埼玉リリアからスタートしている。が、先日激しい立ち眩みで緊急搬送され、軽い脳梗塞と診断され、神戸公演を含む8公演が延期となった。今回のグランキューブ大阪2DAYSも開催が危ぶまれたが、何とか開催された。今年初めての参加となるコンサートが、復帰後の実に1ケ月振りの復活コンサートとなった。今回目指す駅は東西線新福島駅、姫路駅10時42分発の野洲行きの新快速に乗車、いざJR新福島駅に向かって出発進行!!

IMG_5051

昨年までは、グランキューブ大阪へは大阪駅まで行き、地下鉄やバスを利用していたが、今回は尼崎駅で下車し、東西線に乗換え新福島駅に向かった。毎回思うことだが、グランキューブ大阪までの公共交通機関のアクセスが悪い。

IMG_5057

IMG_5062

尼崎駅で下車し東西線乗り場の6番線に、初めて降りた尼崎駅、そして初めて乗車した東西線、そしてJRの地下鉄路線にも初めて乗車した。新福島駅まで10分という乗車時間だったが、大阪メトロや京都市営地下鉄に乗車している感覚だった。

IMG_5067

IMG_5071

エスカレーターで地上に上がると、駅舎もなく本当に地下鉄の出入り口といった感じ、ここからグランキューブ大阪までは徒歩で行くことにしたが、お腹が空いたのでまずは腹ごしらえ、駅近くのお店でランチタイム!!

IMG_5074

IMG_5087

新福島駅から徒歩で約30分でグランキューブ大阪に到着、10ケ月ぶりに正面玄関に立った。まずは、ツアーグッズを購入のため5Fの特設売場へ向かう。今年初めてということで、大量のツアーグッズを購入した。

IMG_5089

コンサートが 終了したのが18時過ぎ、復帰後のコンサートになったためコンサート途中のMCで「皆さんにご心配をお掛けしました」と一言、同時に割れんばかりの歓声が上がった。復帰後のコンサートですごく頑張りすぎていたような気がして、明日は大丈夫だろうかと心配した。

IMG_5116

コンサートが終わり、帰りは徒歩で大阪環状線福島駅に向かった。途中中之島の玉江橋から夜景を撮影、その先には、先程までコンサートがあったグランキューブ大阪が見える。来年まで、グランキューブ大阪とはお別れ、二週間後にはまた大阪公演2DAYS、場所は変わってオリックス劇場、今月の休日は、コンサートに行くことで終わってしまいそうだ。

by:トワイライトエクスプレス

 

 

  

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


2018徳永英明コンサートツアー

2018 年 9 月 23 日 日曜日

徳永英明2018年コンサートツアー『永遠の果てに』の初めての参加となるはずだった9月16日・17日の神戸公演が延期となった。9月4日に激しい立ち眩みで緊急搬送されたとホームページで発表、9月5日に精密検査を受け、軽い脳梗塞と診断されたため、9月8日の新潟公演と9月9日の富山公演が延期となった。その後、9月16日・17日の神戸公演と22日・23日の仙台公演も延期となった。9月11日からホームページが更新されていない。9月29日・30日の大宮公演から復活なるか、すでに8枚のチケットが手元にある。延期となった神戸公演の振替日が、平日にならないことを祈る。

IMG_5032

IMG_5030

IMG_5034

IMG_5033

今年のコンサートは、全国18都市で全30公演が行われるが、今年は公演会場にも異変が起きている。毎年参加していた高松公演と京都公演がなく、名古屋公演も1DAYSしかない。そして福井公演もない。何といっても高松公演がないのがとても残念だ。今年は、いつもより少なめの神戸2DAYS・大阪2DYAS(グランキューブ)・大阪2DYAS(オリックス劇場)・岡山・名古屋の8公演に行く予定で、チケットは既にファンクラブで購入している。

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »


琵琶湖バレイ

2018 年 9 月 2 日 日曜日

2018年夏の青春18きっぷの旅(最終章)、今回目指す駅は湖西線志賀駅、今日は姫路駅6時38分発の湖西線経由の敦賀行きの新快速に乗車、いざJR志賀駅に向かって出発進行!!

4Y5A8362

 堅田駅に8時35分に到着、志賀駅には新快速が停車しないので、ここで普通電車に乗り換え、8時44分発の近江舞子行きに乗車し、志賀駅に向かう。国鉄時代の湘南色から緑色に塗装した115系、久しぶりに115系に乗車した。

4Y5A8367

4Y5A8368

4Y5A8370

志賀駅に8時55分に到着、ここからびわ湖バレイ行きの路線バスに乗車、乗り換え時間が6分しかないので急いでバスのりばへ、9時1分発の琵琶湖バレイ行きの路線バスに乗車する。いつも思うことだが、どこへ行っても路線バスの運賃が高い、なぜこんなに高いのかと思う。

4Y5A8376

4Y5A8491 4Y5A8378

志賀駅から10分で琵琶湖バレイロープウェイ山麓のりばに到着、いよいよ恐怖の琵琶湖バレイロープウェイに乗車、昨年より行く先々にロープウェイが待ち受けている。日本一の早さで山頂まで4分だけの空中散歩だが、ワイヤーが切れて墜落しないことを祈りつつ乗車する。

4Y5A8382

4Y5A8487

あっという間に琵琶湖ロープウエイ山頂駅に到着、121人が乗車できるキャビンの中央に乗車したので、外の景色をほとんど見ることがなく、思ったほど恐怖心は湧いてこなかった。打見山山頂から打見リフトに乗って笹平へ向かう。

4Y5A8393

4Y5A8395

笹平からさらにホーライリフトに乗り、1174mの蓬莱山(CAFE360)へ向かう。

4Y5A8407 4Y5A8409

蓬莱山(CAFE360)に到着、琵琶湖に向かってアーチ状に広がるテラスから見る琵琶湖、雲がかかった状態だったので綺麗に見えなかった。手前に見えるラウンドソファは有料です(誰も座っていなかった)。

4Y5A8428

4Y5A8434

再びホーライリフトと打見リフトに乗り打見山山頂まで戻る。今度はTHE MAINへ、THE MAINでは雲が切れて琵琶湖がきれいに見えた。THE MAINから見る琵琶湖は壮観だった。テラスには沢山の人が集まり記念撮影をしていた。

4Y5A8479

4Y5A8480

4Y5A8474

4Y5A8448

帰りは志賀駅から足を延ばして近江今津駅まで行き、新快速に乗って帰って来た。

4Y5A8501

4Y5A8506

4Y5A8513

2018年夏の青春18きっぷの旅も終わりを迎えた。この夏の旅は、三重県・岐阜県・滋賀県に旅に出た。この冬の青春18きっぷの旅は、日帰りとしては今までの最長距離となる片道387.2kmの旅が待っている。 

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


アースシネマズ姫路

2018 年 8 月 26 日 日曜日

久しぶりに映画を見にアースシネマズ姫路に行って来た。あらかじめオンラインチケットで夫婦50割引(2人で2200円)のチケットを購入していたので、並ぶことなくスムーズに発券でき、キャラメルポップコーンLサイズセットを購入して入場した。

このアースシネマズ姫路は2015年のオープンし、テラッソ姫路の4階にある。座席数が79~340ある12スクリーンで構成されている。今日は5階のスクリーンへ、オープンからまだ3年ほどしか経過していないので、館内はとても綺麗で、座席もとても座りやすい。快適な2時間10分だった。

IMG_5022

IMG_5027

IMG_5029

現在、姫路市内に存在する映画館は、アースシネマズ姫路のみである。ひと昔前には、松竹座・大劇会館・山陽座・姫路OS劇場の映画館が存在していたが、2004年頃松竹座が閉館となり、その後も2016年までに3つも映画館も閉館となった。一番通った映画館は大劇会館、大劇会館の中にあったボーリング場にもよく通った。大劇会館のあった場所は、マンションが建設される予定だったが、マンションの建設も中止になり更地のまま、大劇会館があった前を通るたびに、昔の面影が脳裏に浮かぶ。

 by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


恵那峡

2018 年 8 月 19 日 日曜日

2018年夏の青春18きっぷの旅(第2弾)、今回の目指す駅は中央本線恵那駅、中央本線の電車に乗るのは昨年6月以来、前回の旅と同様姫路駅6時23分発の近江塩津行きの新快速に、そしていつもの3号車に乗車、いざJR恵那駅に向かって出発進行!!

4Y5A8196

大津駅を発車後車内放送で、米原駅で車両故障が発生し、この新快速(乗っている新快速)の先行車と後続車の普通電車の運転を打ち切るため、草津駅で約10分停車する旨の放送があった。その後石山駅を出てすぐに、この電車が草津駅より先近江塩津まで普通電車になる旨の放送があった。この放送を聞いて米原駅到着がかなり遅れると思ったが、ほとんどの乗客が米原駅で9時18分発豊橋行きの特別快速に乗り換えることを考えると、何分遅れても定刻の9時18分には発車しないと確信していた。草津駅を15分遅れで発車、草津駅より先の駅で、発車するたびに各駅の到着時刻が大幅に遅れる旨の放送がされる。結局米原駅には20分遅れの9時15分頃に到着(定刻は8時55分)、ほどんどの乗客が走って8番線ホームへ、駅員の「走らないで下さい。電車はすぐに発車しません」とスピーカーで呼びかけるが、ダッシュする人ごみに紛れて8番線へと向かう。定刻より5分遅れの9時23分(定刻は9時18分)に米原駅を発車し、名古屋駅へ向かう

4Y5A8207

 遅れを取り戻し、名古屋駅には定刻の10時28分に到着、前回の旅では名古屋駅から関西本線に入ったが、今日は名古屋駅から中央本線に入る。「ひつまぶしか味噌カツ定食を食べたいな~」と思いながら中央本線のりば8番ホームへ向かう。

4Y5A8211

4Y5A8213

4Y5A8214

10時46分発の快速中津川行きに乗車する。写真の313系は、快速列車や普通列車などで活躍するJR東海の代表格の車両である。乗車する人はまばらなのに、10両編成と長い編成になっている。ガラガラの状態で発車、まだここから恵那駅までは1時間以上かかる。

4Y5A8224

4Y5A8228

終点中津川駅から2つ手前の恵那駅で下車、恵那駅には定刻の11時55分に到着、姫路駅を出発して既に5時間32分が経過している。さてここからレンタカーを借りてまずは恵那峡大橋へと向かう。

4Y5A8233

恵那峡大橋に到着、恵那峡大橋は1連上路の赤いアーチ橋で、長さは193mある。橋の下を流れる木曽川(正確には大井ダムのダム湖)は、数日前の大雨で完全な泥川になっていた。

4Y5A8259

4Y5A8257

4Y5A8262

恵那峡大橋から見る恵那峡と恵那峡ワンダーランドの観覧車と風車、泥川でなかったらもっといい写真が撮れたのにと思ってしまう。

4Y5A8276

4Y5A8321

次の目的地である恵那峡遊覧船乗り場に到着、14時00分発の定期遊覧船に乗船、往復20km約30分のクルージング、転覆しないことを祈って乗船。

4Y5A8281

 高速ジェット船での恵那峡めぐり、すぐに恵那峡大橋と恵那峡ワンダーランドの観覧車が目に飛び込む、観覧車のすぐ左には、特別天然記念物の「紅岩」が見える。

4Y5A8288

4Y5A8299

4Y5A8305

両岸にそそり立つ奇岩の大パノラマの数々、上から「獅子岩」「屏風岩」「品の字岩」、泥川だったが景色はまずまずだった。しかし折り返し地点から少し行ったところでエンジントラブル、2つあるエンジンの1つが故障してしまい、このまま一つのエンジンで乗船場へ戻るとの放送、このまま止まってしまうのではないかと不安になったが、ノロノロ運転で何とか乗船場に戻って来た。

下船後さざなみ公園を散策、もう少しゆっくりしたかったが、帰りの電車の時間が差し迫っている。今日も時間との戦いだ。恵那峡の滞在時間は2時間30分、恵那峡と別れを告げて帰りの駅となる中央本線中津川駅へと向かう。

4Y5A8335

4Y5A8340

4Y5A8338

4Y5A8345

中津川駅前でレンタカーを返却後、中津川駅16時20分発の名古屋行きの快速に乗車、途中金山駅と米原駅で乗り換え、米原駅発19時18分発の姫路行きの新快速で姫路駅に向かった。姫路駅には21時49分に到着した。姫路駅を出発してから既に15時間以上が経過していた。

 次回の旅で目指す駅は湖西線の志賀駅か東海道本線の浜松駅か、2018年夏の青春18きっぷの旅は、いよいよ最終章を迎える。

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


御在所岳

2018 年 8 月 5 日 日曜日

いよいよ2018年夏の青春18きっぷの旅が始まった。先週旅に出るつもりだったが、台風12号の影響で泣く泣く断念、今回の旅で目指す駅はJR四日市駅、JR四日市駅まで行くルートはいくつかあるが、一番遠く、大回りしても最短時間で到着する名古屋駅経由で行くことにした。

4Y5A8012

もはや青春18きっぷの旅の定番となった姫路駅6時23分発の近江塩津行きの新快速、乗車するのはいつも3号車、いざJR四日市駅に向かって出発進行!!

4Y5A8023

4Y5A8025

4Y5A8028

4Y5A8030

定刻の8時55分に米原駅に到着、米原駅ではいつものように特急「しらさぎ」がお出迎え、ここからイメージカラーがオレンジのJR東海に、9時18分発の豊橋行きの特快に乗車し、目指すは名古屋駅、いつものように乗り換える人が多い。

4Y5A8034

4Y5A8033

4Y5A8037

定刻の10時28分に名古屋駅に到着、この名古屋駅、5本の指に入るくらい何度も降り立った駅の1つだ。名古屋駅で途中下車し、ひつまぶしか味噌カツ定食を食べたい気分だったが、今日は(今日も)時間に余裕が全くないので、すかさず関西本線のりば13番線ホームへ、10時37分発の快速「みえ5号」に乗車する。名古屋駅まで来るのにすでに4時間以上が経過している。

4Y5A8044

4Y5A8047

定刻の11時8分に四日市駅に到着、ここからバスで近鉄四日市駅に向かう予定にしていたが、バスの時間が合わないことは事前に分かっていたのでタクシーで近鉄四日市駅へ向かう。

4Y5A8051

4Y5A8055

4Y5A8057

4Y5A8056

JRには申し訳ないが、JR四日市駅周辺は何もなく本当に寂しい駅だった。逆に近鉄四日市駅周辺は近鉄百貨店などがあり人の行き来も多い。四日市のメイン駅は近鉄四日市駅であることは一目瞭然、さてここから近鉄湯の山線に乗車し近鉄湯の山温泉駅へ、まだまだ御在所岳までは遠い道のりである。

4Y5A8174

4Y5A8173

近鉄四日市駅から約30分で近鉄湯の山温泉駅に到着、残るはこの駅前から三重交通の路線バスに乗車し、三交湯の山温泉停留所へ行き、バスを降りて徒歩で御在所岳ロープウェイの湯の山温泉駅に行くのみとなった。

4Y5A8165

やっとの思いで御在所ロープウェイ湯の山温泉駅までやってきた。時刻はもうすでに13時前、姫路駅を出発してからすでに6時間以上が経過している。ここから御在所ロープウエイに乗車し、15分の空中散歩だが、遥か御在所岳の頂上を見上げると、「これに乗るのか」と思い不安になって来た。高所恐怖症の自分が本当に乗れるのかと・・・・・。

4Y5A8081

4Y5A8080

4Y5A8152

決死の覚悟で乗車したが不安は的中、やはり恐怖で目が開けられず冷や汗タラタラ、必死のパッチで頂上に到着するまでに奇岩・珍岩を撮影し、どうしても撮影したかった日本一の白鉄塔(正式名:6号支柱、鉄塔の高さ61m)を撮ることができた。撮影以外ほとんど目を瞑っていた。

4Y5A8085

山上公園駅に到着し、安堵感から急にお腹が空いてきた。すぐにレストラン「ナチュール」に入り遅い昼食、御在所岳名物のカレーうどんを賞味、カレーうどんだけでは物足りないと思い、御在所定食(1600円)を注文した。名物と言うからにはどんなに美味しいのかと思ったが、どこにでもある普通のカレーうどん、どこへ行ってもこの「名物」という言葉に騙される。しかし食事が出てくるのが遅く30分以上も待ちぼうけ、このレストラン「ナチュール」でだいぶ時間のロスとなった。

4Y5A8101

昼食を食べ終えて再び御在所岳山頂を目指す、観光リフトロープウエイ駅から観光リフト頂上駅まで観光リフトで山頂へ、もうすぐ御在所岳山頂に到着する。

4Y5A8090

4Y5A8112

4Y5A8117

リフトに乗ること約8分、ついに標高1212mの山頂に到着。山頂は、三重県と滋賀県の県境にある。

4Y5A8132

4Y5A8153

 御在所岳山頂から見る山々や麓、山頂の気温が26°cと麓に表示してあったが、全く涼しさを感じず、暑いとしか感じない。山頂での滞在時間は30分という時間だったが、新鮮な空気を味わうことができたが、今から姫路まで帰ることを考えたらゾッとする。

帰りは、JR四日市駅まで同じルートを辿り、JR四日市から亀山方面に向かった。四日市駅16:52発の亀山行き普通電車で亀山駅へ、亀山駅発17:43発の加茂行き普通電車で柘植駅へ、柘植駅18:11発の草津行き普通電車で草津駅へ、草津駅19:06発姫路行き新快速で姫路に向かった。姫路駅には21:04に到着した。

次回の旅で目指す駅は中央本線の恵那駅、青春18きっぷの旅は、まだまだ続く。

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


南光ひまわり祭り

2018 年 7 月 29 日 日曜日

南光ひまわり祭りに行って来た。普通の人なら車で行くのだろうがここは電車大好き人間、時間と金をかけて列車で訪れた。目的の駅は、姫新線の播磨徳久(はりまとくさ)駅、姫路駅から10つ目の駅である。

4Y5A7936

姫路駅発8:16発の普通電車の播磨新宮行きに乗車、残念ながら姫路駅から播磨徳久までの直通運転する列車は朝夕しかなく、播磨新宮駅での乗り換えとなる。

4Y5A7939

久しぶりの姫新線、姫新線は非電化区間のため姫新線専属のキハ127系の気動車が走る。乗り心地はまずまずだが、加速してから惰性運転までのディーゼルエンジンの音が車内に響き渡る。

4Y5A7949

4Y5A8005

今回は通常のきっぷを購入、播磨徳久(はりまとくさ)駅までの運賃は、姫路駅から片道840円、播磨徳久(はりまとくさ)駅までは姫路駅からちょうど1時間(播磨新宮駅での乗り換え時間2分を含む)、車窓から流れる田園風景、ローカル線の旅も良いものだ。

4Y5A7956

播磨徳久(はりまとくさ)駅から無料シャトルバスに乗車して約10分でひまわり畑に、バスに乗車した人は、私たち2名を含めてたったの7名、やはりほとんどの人が車で行くんだなあと実感する。

4Y5A7977

4Y5A7981

南光ひまわり祭りは毎年開かれる。今年の期間は7月21日~8月5日まで、とは言えこの期間しかひまわりが見れないということではない。7月上旬から8月上旬までの間、ひまわりが見れるように毎年6地区に分けて時期をずらして開花させている。今年は東徳久地区(約20万本)でのひまわり鑑賞、台風12号の影響で曇り空だったが、蒸し暑い1日だった。

by:トワイライトエクスプレス

カテゴリー: 休日の出来事 | コメントはまだありません »


次のページ>>

最新トピックス

カテゴリー

バックナンバー

協永電機株式会社
〒675-0062
兵庫県加古川市加古川町美乃利472番地
TEL.079-424-4394
FAX.079-425-1217

Copyright(C)2008-2018 Kyoeidenki Co.ltd. All Rights Reserved.